アコムの審査は即日融資に対応

一般的な会社勤務のサラリーマンであっても、毎月の給料日は決まっていますので、場合によっては突発的な出費が重なり生活費が不足してしまうことはいくらでもあり得ます。たとえば冠婚葬祭などの儀礼的なイベントのための交通費や祝儀などは典型的ですが、ほかにも急な出張で交通費などを立て替え払いをしなければならない場合や、子供の教材費や課外学習の費用なども該当するでしょう。

 

このような場合にいちいちそのつど契約をしてお金を借りるのは大変ですが、カードローンやキャッシングならばいったん契約をしておけば、以後は利用限度額の範囲内でいつでも借り入れができるのが魅力です。もちろんカードローンとはいっても銀行から消費者金融、信販会社まで幅広い会社で同様のサービスを提供しているため迷ってしまいますが、もしも即日融資のようにできるだけスピーディーにお金を借りることを目指すのであれば、やはり消費者金融系を選ぶのが一番といえます。

 

消費者金融大手のアコムもその選択肢のひとつで、インターネットや電話による振り込みを通じた借り入れであれば24時間365日いつでも好きなときに借り入れが可能ですし、全国の店頭窓口やコンビニエンスストアなどに設置されているATMを使えば、旅行先や出張先などの自宅以外の場所であっても借り入れが可能という点は特にすぐれています。また消費者金融系の場合には少額を短期間だけ融資するのが一般的となっていますが、アコムの場合であれば最高で800万円の借り入れができ、これは大手の銀行なみの水準といえます。ほかにもはじめての人でも安心して利用できるようにするため、契約から30日間は金利ゼロで借り入れができるサービスも実施されています。

 

実際の申し込みにはインターネット・店頭窓口・電話・自動契約機・郵送といったいくつかの方法が使えますが、インターネットの場合には手持ちのスマートフォンやパソコンを使って自宅から操作ができるのでたいへん便利です。まずはアコムの公式ウェブサイトにある申し込み専用のボタンをクリックして、住所氏名や勤務先などの情報を入力して送信します。すると電子メールが折り返し送信されてきますので、ここに記載されているアドレスからログインして、運転免許証などの本人確認書類をアップロードします。このプロセスはスマートフォンの専用アプリを使う方法や、店頭窓口または自動契約機を使う方法、さらには郵送などの代替手段も用意されています。借り入れ希望金額が50万円を超えるか、または他社と含めた借り入れの総額が100万円を超える場合には、運転免許証などの本人確認書類に加えて源泉徴収票や給与明細書などの所得証明書類の提出も必要です。

 

これらの資料をもとにしてアコムでは内部的な審査を行い、無事に認められれば正式契約となりますが、他の銀行や消費者金融とは違って、この審査はかなりスピーディーであり、最短の場合は30分で結果の連絡がメールで送信されます。このメールの内容を確認して同意すれば契約完了となりますが、営業時間を踏まえて当日の22時までにはこの手続きは完了しておく必要があります。またカードを受け取る場合には、店頭窓口または自動契約機のある場所に来店するか、または自宅への郵送のいずれかの手段が使えます。いずれにしてもこのようなスピーディーな審査ですので、アコムであれば申し込んだその日にお金が借りられる、いわゆる即日融資も十分に可能です。

 

即日融資のための方法として推奨されているのが、まずはインターネットもしくは電話での申し込みであり、たとえカードをその場で発行可能な店頭窓口・自動契約機まで来店する場合であっても時間を短縮することができます。インターネットからの申し込みであれば24時間365日いつでも受け付けている点も安心です。わからないことがあれば専用のフリーコールも用意されていますので、ここでオペレーターに事情を話して最短の方法をアドバイスしてもらうこともできます。

 

また即日融資とするためには、少なくとも審査対応時間の9時から21時の範囲内で一連の手続きが完了できるようにしておくこともたいせつです。時間外であれば受け付けること自体ししてもらえますが、実際にお金を借りる段階にまでは至らないものと考えたほうがよいといえます。また都心部にある店舗などはこれよりも長い営業時間になっていることがありますが、審査の時間と店舗の営業時間はあくまでも別物ですので、その点にも注意しておく必要があります。

 

安定した収入がある人であればそれほど心配する必要はないとしても、場合によって審査落ちすることもないとはいえません。これはアコムの公式ウェブサイトのなかにある3秒診断というコンテンツを使えば、年齢と年収に加えて他社からの借り入れ金額をそれぞれ入力することにより、融資可能かどうかの目安を示してくれますので、事前に活用しておくことも勧められます。