アイフルで即日審査を終えて融資ができる方法

アイフルは年齢と雇用形態や年収、そして他社借入金額を入力すればすぐに融資ができるかどうかということを判断してくれます。他社借入状況、年収などに自信がないようなときも融資ができるかどうかということをチェックすることができ、個人情報を記入せずにチェックすることができるので、気軽に試して、まずは融資可能かどうかをチェックするのがポイントです。しかしながらこれはあくまで仮審査であり、必ずしもこの診断結果が良かったからといって実際に融資が受けられるかどうかは分からないということを気をつけておきましょう。

 

融資にまず必要な条件というのは、二十歳以上で69歳以下であることです。年齢制限があり収入がどれだけあっても未成年の場合は借り入れが出来することができないということは、押さえておきましょう。それから専業主婦の人も融資が難しい傾向があります。年齢の条件を満たしていても収入が安定していることも大切で、パートや主婦アルバイトなどもしていない場合はあまり期待できないということを押さえておきましょう。

 

審査時間の早さがアイフルの特徴であり、業界ではトップスピードで30分程度で結果が出ます。そのため審査が早いおかげで融資も、即日できる可能性も高くなっているのです。ネットから申し込んだ方が窓口よりも優先して審査してもらえる傾向があるので、お勧めと言えるでしょう。即日希望ならば、できれば19時くらいまでにはしたいところです。実際は回答時間は21時ではあるとはいえ、20時30分が申し込みの最終締め切りと言えるでしょうけれども、少し余裕を持って19時程度を目安にしておいた方が良いでしょう。また銀行振込のケースの場合は、14時が振込の最終時間なので、そこも抑えておきましょう。その場合は12時までに申し込みをしておく必要があります。とりあえず早めたいという場合は、ネットの方から申し込むことがとても大切です。しかしながら申し込みまでに書類などを手書きで書かなければいけないという点で、少し手間が増えるということを押さえておき、出来るだけネットの方から行った方が簡単だということを押さえておきましょう。

 

融資を希望する場合に必要な証明書は、本人確認書類と収入証明書になります。本人確認書類に関しては運転免許証で良いでしょう。ただし健康保険証やパスポートなどでも本人確認で提示できるので、基本的に問題はないと言えます。収入証明書は借入額が50万円以下なら特に必要なく、他社借り入れ総額の合計が100万円を超える場合も必要にはなりますが、原則的にあまり必要ないということが言えます。

 

アイフルのいいところは、家族職場に借りたという事実があまり知られてないことです。Web入会などをしておけば家族にバレる心配がありません。ホームページに移動して「今すぐ申込み」というところから手続きに入り、必要事項を記入すると審査が30分程度で終わりますが、このときローンカードを発行する時に郵送ではなく自動契約機から受け取れるようにしておけば家族にバレることはありません。自動契約機のアイフルを利用して、もしも午前中に申し込みをしておけば昨日のうちに振り込みを確実に出来ますし、直接借り入れのケースでしたら毎日8時までに即時審査を受付けているので、それを知っておけば大丈夫でしょう。

 

電話の在籍確認などもあるのではないかと心配ですが、その在籍確認は書類でもOKですし担当者にしっかりと電話で伝えておけば会社に知られないようにしてもらいます。そのようにすれば職場などにばれることもないということが言えるでしょう。そのような時に必要なのは、社会保険証と最新の給与明細が必要にはなります。その後明細に会社名と本人のフルメールが記載されていれば、在籍していると判断してもらえるのです。

 

また書類の時に写真などが必要なのではないかと思うかもしれませんが、この時も写メでも大丈夫です。そうすれば電話での在籍確認とほとんど変わらない時間で終わりますし、会社が休みの時などでも手続きを済ませることができるようになります。

 

アイフルの金利も、平均水準で一般の消費者金融と変わりません。上限金利は年率18%で消費者金融の平均レベルですし、高金利ではなく低金利でもありません。無理なく利用ができるでしょう。ですので借りにくい、返しにくいといったこともないです。注意しておきたいのは、無料の提携ATMが少ないことでしょう。セブン銀行やローソンのATMなどで借入や返済が可能ですが、100円から200円程度の手数料はかかってしまいます。便利さを優先するとやむを得ないことですが、その点の出費は考慮に入れておくとより利用が簡単になります。

 

要するにアイフルで即日融資を希望するならば、本人確認書類をしっかり準備することと、Webから申し込むことそして在籍確認の可能性もあるので、最新の給与明細を準備しておくということが重要と言えるでしょう。