即日振込も可能なレイクALSAと審査方法

必要なときに手持ちの現金が不足しているということは珍しくありませんが、そんな場合も借り入れをすることで資金を用意することができます。
お金を借りるまでには何かと手間や時間も必要というイメージがありますが、急いでお金を用意するのであれば即日融資も可能な、キャッシングやカードローンも活用してみましょう。

 

キャッシングやカードローンは実に多くの業者が提供していますが、金利の面でも安心ができて信頼できるサービスを選ぶことが大切です。
銀行系のカードローンは融資限度額も大きく、低金利で安心して利用できるサービスと言えるでしょう。各銀行では様々なカードローンが提供されていますが、新生銀行グループのレイクALSAも注目されているサービスのひとつです。融資限度額は1〜500万円までとなっており、金利は4.5〜18.0パーセントです。

 

お金を借りると、返済を行わなくてはいけませんがこのときには元金だけではなく、利息も一緒に支払うことになります。それゆえ、金利が高いと毎月の返済金額も多くなりますし、きちんと返済しているに限らずなかなか元金が減らないという問題も出てきます。最近は初めての申し込み時には一定期間無利息のサービスを提供する業者も増えてきました。レイクALSAでも2つの無利息期間が用意されています。

 

契約金額が200万円までであれば、借り入れ金額の5万円までが180日間無利息というサービスと、借り入れ額全額が30日間無利息というサービスが用意されていますので、それぞれがよりお得に利用できる方法を選んでいきましょう。この場合も借り入れ日からの翌日からではなく、契約日からの翌日となりますのでよく確認しておきましょう。無利息期間中にも返済日がありますので、忘れないようにします。無利息期間中に返済が滞った場合は無利息期間も終了となりますので返済日の管理はしっかりと行い、遅延がないようにすることが大切です。

 

レイクALSAの特徴がわかったら、いよいよ申し込みとなりますがインターネットから24時間いつでも申し込みができますので時間を気にする必要なく、夜中でもいつでも好きなときに手続きが行えます。

 

申し込み時には保証人や担保は必要ありませんが、本人であることが確認できることが大切です。それゆえ運転免許証などの本人であることを証明できる書類を用意しておきましょう。免許証がない場合は健康保険証や個人番号カード、在留カードや特別永住者証明書などを提出します。本人確認書類に記載されている住所と現住所が違うという場合や自動契約機で健康保険証で契約する場合は、公共料金の領収書や住民票のうつし、印鑑登録証明書なども用意します。

 

申し込み後は審査があり、それをクリアしなければ融資を受けることはできませんが、申し込み後の画面で最短で15秒で審査結果がわかります。急いでお金を必要としている際もすぐに結果が確認できるのはとても便利です。インターネットからの申し込みは振込での融資となりますので、振込用の銀行口座も用意しておきます。

 

融資は、平日は21時まで日曜日は18時までの契約手続き完了で、当日中にも振込みが可能です。審査結果は短時間で知ることができますが、通過するか不安という人は、事前にお借入れ診断を活用することがおすすめです。生年月日や本人年収、他社借り入れ件数や現在の借り入れ金額などの簡単な情報を入力するだけですぐに借り入れ可能かどうかを知ることができます。

 

年齢制限もあり、20歳未満の人や71歳以上の人は診断対象外となるので注意しましょう。安定した収入がある正社員の方は審査も有利と言えますが、パートやアルバイトの人も安定した収入があれば申し込むことができます。

 

返済は滞りなくきちんと行うことが大切ですので、無理のない返済ができるよう申し込み前は返済シミュレーションを活用しておくこともおすすめです。
パソコンやスマートフォンでインターネットから手続きを行えば24時間いつでも申し込みが可能ですが、この他では電話や自動契約機による手続も行えます。自動契約機の場合は申し込みからカード発行まで最短30分ですので、急いでカードを持ちたいという人はこちらを活用することがおすすめです。自動契約機の場合も運転免許証などの身分証明書が必要ですので、忘れずに持参しましょう。審査結果は画面に表示されますので確認を行います。無事クリアできたら契約内容確認書が発行されますので内容を確認して署名します。その後は自動契約機にセットし、確認ボタンを押すとカードが発行されます。

 

カードローンの場合は専用のカードが発行されることが一般的ですが、レイクALSAでは公式アプリがあれば全国のセブン銀行ATMでカードなしで利用できるのも便利なところです。

 

ATMを利用すると手数料も気になるところですが、借り入れの際も返済の際も手数料は必要なく、余計な費用が掛かる心配もありません。