三井住友銀行カードローンの審査は即日対応か

毎月の給料日までの生活費が足りなくなった場合や、冠婚葬祭などの急な出費があった場合などにもすばやく対応できるのがカードローンのメリットといえます。世の中には他にもマイカーローンや住宅ローンなどといった、いわゆる目的別ローンもあるにはありますが、基本的に使用目的が決まっていてそれ以外には利用ができないことや、審査がかなり厳しく契約書などの証拠書類の提出を求められることなど、利用者にとってはあまり歓迎できないような条件も混じっています。ところがカードローンであれば事業性資金を除いて使いみちは本人の自由となっている上に、カードがあればいつでも好きな時に近くのコンビニエンスストアや銀行などの備え付けられているATMを通じて気軽に借り入れができるため、使い勝手としては格段に優れています。
金融大手の三井住友銀行が取り扱っているカードローンの場合、他の銀行と比較したときのメリットがいろいろとありますが、たとえば金利が年利にして4.0パーセントからと低金利になっている上に、契約極度額を800万円まで設定できるところは特筆されるものです。もちろん実際の極度額にしたがって金利などは異なりますので、すべての場合に有利とは限らないものの、大学に進学するための費用や海外渡航をするための費用などの、日常生活上の費用とは違ったかなり大きな金額の借り入れをしたい場合にも十分に対応ができ、しかも低金利のために返済がそれほど負担にならないというところは、なかなか得難い魅力といえます。毎月の定例的な返済も2000円から選ぶことができますので、無理のない計画的な返済ができるところもポイントです。

 

この三井住友銀行カードローンの申し込みにはパソコンまたはスマートフォンからインターネット経由でする方法、三井住友銀行店舗内のATMコーナーなどに併設されているローン契約機から行う方法、電話を通じて行う方法がありますが、自宅にいながら手軽にできるのはやはりインターネットを使う方法です。すでに三井住友銀行の口座を持っている人の場合には、個人専用のページにログインした後で必要事項を入力して送信し、さらに運転免許証などの身分確認書類もあわせてアップロードすれば、すぐに審査がはじまります。結果は入力した電話番号またはメールアドレスに連絡があり、もしも審査をパスしていればいつも使っているキャッシュカードをローンカード代わりに使って借り入れができるようになります。口座を持っていない人でも申し込みは可能で、手順はほとんど口座がある人と同じですが、手持ちのキャッシュカードがないので郵送またはローン契約機を通じてローン専用カードが交付されるところが異なっています。

 

三井住友銀行カードローンの審査は即日融資に対応しているかどうかですが、残念ながら消費者金融などではよく見かける即日融資には対応していません。最短の場合では翌営業日に結果が通知されると公式にアナウンスされていますが、場合によっては数日程度の余裕はあったほうがよいということになります。特に審査が行われる時間は平日の9時から21時までですので、いくらインターネットで24時間いつでも受け付けてもらえるとはいっても、これら以外の時間帯ではあまり意味がないともいえます。また基本的な申し込みの条件として、申し込みをした時点で満20歳以上満69歳以下であり、原則安定した収入があり、指定の保証会社の保証を受けられ人とされていますので、条件にあてはまらない場合には融資は受けられないと考えるのがよいでしょう。年齢条件はほぼ絶対的ですので、たとえばアルバイトをして収入があるからといって、18歳の高校生が申し込みをしたとしても断られてしまいます。

 

安定した収入の有無は具体的な基準が示されているわけではありませんので、場合によってはこの部分がネックとなってお金が借りられないこともあり得ます。たとえば国家公務員や地方公務員であれば倒産の心配もなく、法律や条例で認められた金額を給与または報酬として安定的に手に入れることができますので、少なくとも審査においてはスコアが高くなるいっぽうで、自営業などの場合には景気の波に左右されやすく収入が不安定として不利な立場となってしまうことがあります。特に50万円を超える借り入れの場合には、運転免許証などの本人確認書類のほかにも、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類の提出が求められることになっています。このなかで収入状況がチェックされた結果として、安定した収入がないとみなされてしまえば、結果としてお金の借り入れもできないことになってしまいます。ほかにも過去の借り入れで滞納や自己破産などがあった場合にも、その履歴は信用情報機関に一定期間にわたって登録されていますので、これを根拠にして借り入れが認められなくなる可能性がありますので、事前に注意しておくことが必要です。