オリックス銀行カードローンの審査は即日融資に対応するか

給料日までのつなぎの生活資金が欲しい場合や、急な冠婚葬祭でいくらか包まなければならない場合など、手持ちのお金が照りなくなるシーンはいくらでもあります。長引くデフレ経済から脱却したとはいっても、高度経済成長時代のようには給料の水準も上がらず、税金や社会保険などの出費もかさむ状況のなかでは、上手にお金の回転をやりくりすることは重要です。その手段としてカードローンやキャッシングなどがありますが、もしもこうした手段で借り入れをするのであれば、やはり信頼ができる名のある銀行などの金融機関を選ぶのがよいでしょう。

 

借り入れ先の候補としては銀行から消費者金融、信販会社までいろいろとありますが、金利が安く長い期間にわたって借り入れが可能かどうか、いざというときに質問などに誠実に対応してくれるかどうかなど、選ぶ上でのポイントはいくつかあるはずです。このようなポイントに留意をしながら、最適なところとの契約に努めるのが無難です。そこで注目されるのが、プロ野球チームを抱える大手の総合リース商社として知られるオリックスグループの傘下にある、オリックス銀行のカードローンです。

 

この銀行を使うメリットといえば、何といっても金利の低さや限度額の高さですが、たとえば金利であれば最低1.7パーセントから、利用限度額は最高800万円までとなっていますので、日常生活で足りない分だけを借り入れる目的に加えて、マイホームのリフォーム工事や子供の進学の準備など、ある程度価格の高い商品やサービスを購入するような特定の目的での借り入れもできるようになっています。また銀行のカードローンは何度も店舗に来店しなければならず手続きがめんどうなのが一般的なイメージですが、オリックス銀行の場合にはそのようなことはなく、来店不要で担保や保証人も不要、さらには口座開設も不要で借り入れができる便利な制度設計となっているのが特徴的です。

 

実際に借り入れをしたり返済をしたりする場合には、全国各地の金融機関やコンビニエンスストアなどに設置されている提携ATMを操作すれば楽にできますし、この場合の利用手数料も無料です。もちろん利用限度額以内であれば、必要なときにいつでも好きな金額を借りられ、使いみちについても事業性資金に利用する場合を除いて、その他は特に問われないことになっています。

 

オリックス銀行カードローンの申し込みができるのは、原則として安定した収入が毎月ある人で、申し込みをした時点での年齢が満20歳以上、満69歳未満であって、日本国内に住んでいる人とされています。ただし専業主婦の人は配偶者の年収が勘案されますので、本人に毎月の収入がなかったとしても審査をパスできる場合があります。最終的には保証会社にあたるオリックス・クレジットなどの提携会社が保証債務を引き受け可能かどうかがキーとなりますので、かならずしも原則的な条件だけがすべてではありません。

 

このローンを使いたい場合、まずは公式のウェブサイトに必要事項を入力して申し込みをすることになります。ウェブサイトからの申し込みは24時間いつでも受け付けていますが、その後に銀行本社と保証会社で所定の審査があります。審査の結果は一般に書面での通知ですが、電子メールで受信確認をした人についてはメール経由での連絡とすることができます。この段階で勤務先への在籍確認の電話があり、確認が得られた場合にはローンカードが発行され、自宅にあてて転送不要の簡易書留郵便で配達されます。その後本人確認書類である運転免許証、限度額が高額な場合にはプラスして源泉徴収票などの収入確認書類を専用アドレスにアップロードして受理されれば、届いたカードが有効に使えるようになるという流れです。

 

ここでオリックス銀行カードローンの審査についてですが、実は銀行系のカードローン全般にいえることとして、現在では金融庁の監督方針にもとづき、反社会的勢力への融資を未然に防止するための警察庁のデータベースとの照合による検証などの作業が求められているため、以前は可能だった即日融資が日程的に難しくなっています。オリックス銀行についても例外ではなく、このデータベース照合などに時間をとられ、審査の過程で数日程度、長い場合は1週間ほどかかる場合がありますので、少なくとも即日ですぐにでも借り入れがしたい場合には不向きなことがあります。

 

このようなことから、お金を必要としている時間的な余裕と、銀行ならではの低金利や利用限度額の高さなどのメリットを比較した上で、目的にあわせて使ってみるのが適切といえるでしょう。そのほかにも土曜日・日曜日・祝日は銀行が休業となっていますので、このような期間をはさむ場合にも必然的に作業が遅れてしまいます。また審査落ちを防ぐ意味で、公式ウェブサイトにある返済シミュレーションを使って無理のない範囲での借り入れ希望にとどめておくことも重要です。